カフェを開きたいと思っている。

これが長年の夢だがから看板にしてみたが。
55歳。そろそろいい歳だし,
実現するかどうかはもうどうでもよくなった。
とりあえず,目の前の生活をぼちぼちがんばる
みたいな日記。

大事なものに限って失くす不思議

ADHD的日々の雑記であります。



JA奈良県のジュースを何ケースか買うと、演歌歌手のコンサートのチケットをもらえることになっているキャンペーンみたいなのがあります。
頼んでくるのは夫さんの同級生で、何台も車検のお仕事も入れてくれるし、義理がありますので、毎年買います。
さてそのチケットですが、演歌など全く興味がないので、義母さんにあげます。


・・・。
今年は、天童よしみさん。
義母さんにそれを言うと、「あんまり好きじゃない」との返答。
「人にあげようかしら・・。」と言うので、何でもいいですよと軽く思っていた。


そして、もうすぐその期日が迫ってくるという時に、義母さんに「チケットは?」と聞かれて、探すも探すも、送られてきたチケットがない!!
郵送してきてくれたのは見たし、それを読んで時間などを義母さんに告げた記憶もある。
しかし・・・ない。
渡したのかも‥と思うが、 義母さんは「もらってない」と言う。
・・・記憶消滅。
私 「お義母さん・・それ、・・・行きます?」
義母「あんまり行きたいないって、言うたから、チケット隠れたんやな。」


少しほっとして、
私「堪忍してもらえます?」と言うと、横から夫さんが、
夫「ええわけないやろ!」
私「・・・・・。」



夫さんは、私が物をなくすと、ことのほか怒る。
自分はもうあきらめて「新しいの買おう」ぐらいに思っていても
夫さんが納得するまで、必死で探し続けるフリをしなければいけない・・・。
(緑色の紙を取り寄せようと思う時、Part2です)
実際、情けないし、腹も立つし(自分に)
夫さんの柔軟性のなさを恨みたくなるし、自分のバカさ加減に嫌気もさす。
このまま 当該期日が過ぎてしまえばいいと思う・・・。どうでもいいやん
好きでもない人のコンサートなんて。ただのオマケだし。
私を追い詰めて、家出したい蒸発したいってところまで追い込んでまで
天童よしみにこだわるならそれでもいいけど。





失くしモノ、もう一つ。
息子の、体操服の、短パンがない。夫さんの前で息子に尋ねてしまったのでばれたけど、
これはもう、新しいの買おうかなと思ってる。
・・かかる経費は忘れ物税として。


もう一つ。
個人懇談の日が決まったはずなんだけど、そのプリントだけがない。
大事だと思って、スケジュールに入力しとかなきゃと思ったのに、
入力するまでにどこかに消えた・・・。
こっそり息子に「先生に聞いておいて」と頼んだ。夫さんにばれないように。



これはもう、終わったことだけど・・・
昨日、子宮がん検診の再検査の日だったんだけど、予約票をなくしたの。
かろうじて日程だけ書いてあったので、時間が分かんなくて、
夫さんのいない間に病院に電話して、時間を尋ねて事なきを得た。



こんな風に、


ずーーーーっと、綱渡りの日々です。
「失くすのが悪い」と言われそうですが、
あっちむいて、こっちむいたら、消えてます。


開き直るな! と叱られそうですが、自分でも嫌気さしてます。


お客様からの電話だけは、すぐにメモることにしています。
そうしてるけど、何を忘れているのかを忘れてるから、
自分が知らないうちに、大事なことが抜けてたらどうしよう。
保険のこととか特に。
もう、いやなんですよ・・・責任の重い事を私に任せないで。
生死にかかわる事とか。絶対無理。
看護士とか、ならなくて良かった・・。
何をミスするかわからないのに、怖すぎる。


自分が何をやらかすか、ビクビクし続けている日々です。
この先、年取るともっと衰えるだろうに、
人に迷惑かけずに生きていけるのかな。


・・・不安・・。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。