カフェを開きたいと思っている。

これが長年の夢だがから看板にしてみたが。
55歳。そろそろいい歳だし,
実現するかどうかはもうどうでもよくなった。
とりあえず,目の前の生活をぼちぼちがんばる
みたいな日記。

落選か・・・。

Cafe de Repos ~カフェ開業奮闘記~
Cafe de Repos  ~ひとやすみのカフェ~
Cafe de Reposシリーズ番外編 ~Spring has come~


この三つの小説・・わたしが書きました。
処女作です。



「開業奮闘記」を 「暮らしの小説大賞」っていうのに、応募してみましたが、
一次選考で落ちました。
ごーん・・・_| ̄|○


いやー・・・そんな甘いものではないと、わかっていたのですけど、(頭では)
わたしにとっては、とてもおもしろいので、もしかしたら・・という期待が
ありすぎました・・・。


いままで、試験を受けて落ちてもショック受けたことなんてなかったのです。
通りたいときは通ったし、勉強してないときは落っこちました。
自分についての自分の評価はいつも厳しめだったし、
客観的に見て予測ができていたから、
他人からの評価が厳しくても、「妥当」と思うことができたのだと思います。


さみしーです。
認めてもらえないこともだけど、
マキノと春樹が、世に出てほしいなと。
現実には存在しない人物たちなのが、とてもさみしい。



このお話が本になり、漫画になり、ドラマになったらいいのにと、思ってました。
そして、こういう生活に憧れる人が現れて、
私の住む吉野で、こんなカフェをしてくれればいいのになと、
バカほど妄想してました・・・。




私自身、このお話の中に好きなシーンがいくつもあって、
・・それが世に出ないのはもったいない気がする。
もっと共感して欲しい。
「ね、ね、そう思うでしょ?」
って。
もっと、人間は人間を好きになれるはず。・・と思う。
人間のいいところを引き出せるような、そのきっかけになりたい。



まーでも、私程度の文章力では、ちょっと無理がありました。
物語の説明したり状況をつなぐために、無理やりこじつけの部分もたくさんあって、
そういうのをもっと整理したら洗練されているのかな。


また元気が出たら、
並べた文字をもいちど眺めてみ良いと思います・・・。
(今は無理。書けない・・・と思ってる。)


今は気持ちに正直に、落ち込んでおこう。
だって、ほんとに。このお話・・・私が好きだったんだもの。
作者が好きにならずに、どうするよ。ね。


はぁあぁ・・しょぼん・・・


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。