カフェを開きたいと思っている。

これが長年の夢だがから看板にしてみたが。
55歳。そろそろいい歳だし,
実現するかどうかはもうどうでもよくなった。
とりあえず,目の前の生活をぼちぼちがんばる
みたいな日記。

普通って素晴らしい・・・

今日はすごく忙しかったなー・・・。


午前中は長距離走大会で息子の伴走(バイクで)
お昼ごろに保険会社さんが来るので,火災保険の試算をしてもらう。
午後は家庭科支援ボランティア
夕方には地域おこし協力隊のナカムラが夕ご飯を食べにくる。
夜は,苔玉づくりワークショップ。



ホントにやれるのかよ私・・と思ったけど
寄り道するのを自重したのと,不測の事態が起こらなかったので,
ひとつづつクリアすることができましたね。



以下は,その長距離走大会の様子。

肺動脈・大動脈の狭窄があるので,3年生から運動制限をしてきた息子。


「長距離走はやめるように。」という主治医のいう事を聞いて,
しばらく長距離走大会には参加していなかったのだけれど,


「人と競ってムキになる性格ではない。」
「自分のペースを守れる。」
「短距離走や水泳なら大丈夫。」
「まったく動かしてはいけないわけではない。」
「・・・。」
「6年だし最後だし。」
「本人が少し走りたそう。」


夫さんと,担任と,保険の先生と,いろいろ鑑みた結果,
いわゆる親の勝手な判断で今日は参加してもいいんじゃないかと
まぁそういう事にしてしまいました。


担任の先生に許可もらって,
まずスタート地点でスタートを見送り,バイクで一気に折り返し地点まですっ飛んで行って,(信号にひっかかって結構ヒマ食った)
折り返し地点で息子の来るのを待ち,
そのあと,息子の少し後ろをバイクでとろとろついて走りました。


まぁほんと,
運動神経についてはほぼ期待ゼロである分,
ゆっくりでも全然,親の心は平穏であります。


娘達の時は,「もっと走れるんんとちゃうんかぃ・・。」
と,少々イライラしたりもしましたが。


息子は他のクラスメイトと常識的な差で,ゆっくり完走いたしました。
そうや,それぐらいがええんや。
無理はせんでもいい!!



息子君は,走っている時も,帰ってからも,別段苦しそうでもなく,
勝手な判断で走らせちゃいましたが,無事終わってホッとしました・・・。



自分,なんもしてませんけど,なにか,達成感があるのでした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村