カフェを開きたいと思っている。

これが長年の夢だがから看板にしてみたが。
55歳。そろそろいい歳だし,
実現するかどうかはもうどうでもよくなった。
とりあえず,目の前の生活をぼちぼちがんばる
みたいな日記。

今夜はカレー

私にとっては,手抜きなんだけど,
カレーって夫さんも息子さんも大喜びの夕ご飯である。


手を抜かない献立にするとしたら,
スープとサラダとフルーツぐらいは添えたいものである。
カツを揚げて,カツカレーでもいいし。
でも今日は,何も付属品なし。
白いごはんとカレーだけ。


夫さんも息子も
「おいしい?」 と聞くと,
「おいしい!」 と返事が返ってくる。
むしろ,サラダなんてつかない方が喜んでいたりする。


こんなふうに,
前向きな気持ちで手を抜くことで,
ご飯の支度に手を取られる労力と考える気力とを「積極的に消費しないでおく」
と考えるようになったのは最近の事である。


家族のために栄養を考え,
なるべくスーパーなどの出来合いのものを買わず
有機栽培の国産の材料を使用して自分で作る・・・。
そうでなかったら,主婦失格とか,親失格とか,妻失格とか,
堅苦しく考えていた時もあり,
できない自分に劣等感を持っていた。



今は違うよ?


そんなに くっそ丁寧に毎日ごはんしてる人は,
少なくとも私のまわりには,あんまりいない。
自分自身が何にとらわれていたのか知らないが,
いい嫁であり,いい母であること,
もちろん,その理想を失ってはいけないとは思うけれども
できないからと言って,卑下する必要もないじゃないかと思えるようになった。


できる人は,素直に尊敬しときゃいいさ。
対抗心燃やさずに。
できなくていいさ。
たまにはちゃんとしてるやん。
面倒な時は手抜きしたりしてもいいし,
その手抜きしてできた時間で,違うことしてもいいし,
ただサボったっていいし,
ゲームしてもいいし,
夫と息子が満足してるんだから
厳しい事いわなくていいさ。


これを開き直りとも言うかもしれないけど。


今日は自分にあまあまなのさ。


ははははは。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。