カフェを開きたいと思っている。

カフェを開くのが長年の夢で。だから看板にしてみたのだけれど。

理解を得られないこと。環境がゆるさないこと。資金調達が困難なこと。
いろいろあって、夢にはたどりつかないかもしれない。

でも、あいかわらず夢は見続けてて。
....とりあえず、目の前の生活をぼちぼちがんばる。
みたいな日記。

.
.

気が付くと、お紅茶だらけ

先日のマザーズディに、次女がはちみつ付きレモンピール入りのお茶をプレゼントしてくれました。(一番左の丸いやつ


次女は自分が紅茶が好きなようで、結婚式の引菓子にも紅茶のセットを選んでました。
そのひとつが、この画像の右上のウエッジウッドの紅茶。
それも、ただの紅茶じゃなく、フレーバーティーにひかれるようです。


左下の茶色い袋は、婿どのの以前の勤め先、ナトゥーラのオレンジティー。


その上の黄色いふたの缶は、長女のお土産の、ジャスミンティー。
その横の緑色の箱は、アイルランドの紅茶。
ウエッジウッドの手前の箱は、スリランカのルズミくんからもらったセイロンティー。
「シャッチョサン、チュウコクルマ、アル?」と聞きに来る青年です。
その横、保険会社のNさんがくれた、マンゴーティー。(ごめんこれ、めっちゃまずい)
この他にも、フォーションのフレーバーティーの新品の缶があったので、
今、開けて淹れてみました。


ワン フォー ユー
ワン フォー ミー
ワン フォーザポット。
優雅にそんなこと言いながら葉っぱをサーバーに入れます。

どう?ジャンピングしてる?
はっぱが一応動いてるよ。丸いティーサーバーが欲しいね。
どういう原理で上がったり下がったりするのか、よくわかんないけど。
何もしなくても上がったり下がったりして、ちょっとおもしろい。
香りは、りんごと、黒すぐり

本当は、ジャンピングしているのは見えないような陶器のポットのほうが
美味しく淹れられるんだそうですよ。
・・・・。
実は、そういうポットも、ある。
あったはず。
さがそう。


あった。

裏に化粧品のメーカーの名前が書いてあるから、オマケでもらったのかもしんない。


そういや、吉野杉の家に来たイギリスの人に、アフタヌーンティーって毎日やってるの?って尋ねたら、たまにしかやんないよ、って返事でした。
でも、・・・たまにはやるんだねwww
スコーンと、サンドイッチと、フルーツと、タルト・マカロン・・かな。
いつか、そういうのもやってみたいな。
とりあえず、次の紅茶は、このポットで淹れるよ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。