カフェを開きたいと思っている。

カフェを開くのが長年の夢。
だから看板にしてみたのだけれど。

理解を得られないこと。
環境がゆるさないこと。
資金調達が困難なこと。
いろいろあって、
夢にはたどりつかないかもしれない。

でも、夢は見続ける。

とりあえず、目の前の生活をぼちぼちがんばる。
みたいな日記。

一人カフェをする気持ち

カフェに行きたくて仕方ないのに、夫さんは良い顔をしません。
めんどくさいんでしょうね。心底・・。


夜も昼も、ごはんも家のほうがいいと言うし、
新しい食べ物を作ると、散々怪しむし、
そもそも、自分の辞書にない変わったところへ行くことを好まない人です。
なんてつまらない人生でしょう。
・・と、私は思います。



先週、実は買い物に行くときに、行きたいカフェがあったので、
ぎゃーぎゃーと訴えて、ようやく引きずり出して、ランチしようと思って、
宇陀市のUGっていうカフェまで来たのですが、
人気のお店だったらしく、何組も外で待ってました。
こうなると夫さんはもう、ダメです。
本当は1秒も待つのが嫌な人なのです。
待ち合わせには、10分前行動で、いつも人を待ってるのに、
お店で待たされたり、並んだりするのだけは我慢できないようです。



で、慌てて検索して、桜井市のフーガってお店で食べることにしたんだけど、
これはこれでおもしろかったです。
画像取るの忘れたけどね。表に出てるプレート「日替わり定食6~7種類」っていうところから、ただモノじゃない感があふれています。
アットホーム。 家庭的です。 とかも、書いてあります。
「ヒレカツ定食は1食分残ってます。」
んーと・・・それは、たぶん日替わり定食じゃなくて、いつもの定食なんじゃない?
言葉の使い方を間違えてる。
太ったおっさんと、私たちよりもっと年上のおばさんとが、半分喧嘩のようにして、指摘しあいながら「ソースはここ」とか「ドレッシングはこれかけて。」とか、なんか、奥の厨房で作ってます。
私たち以外、お客様は、なし。
定食が出てくるまでドキドキしたけど、出てきたランチは普通の味でした。お会計3人分で2100円。やすっ!!消費税もいらんのか・・。



ということがありました。
夫さんもドキドキして懲りたらしく、
昨日、またカフェいく!と言ってるわたしに、ついては来てくれなかった。
わし、意地になって、一人で行ってきました。

一人でカフェへ行くのは、わし、小心者なので、ちょっと勇気がいります。
わずかに、バリア張りつつ、「ランチできますか?」と尋ねた。
そしたら、「時間外です」と言われました・・・。


見渡すと、他のお客さんは、ランチを食べている。・・・。時間は2時5分。
たぶん…2時までだったんだろうな・・・。無理は言えないので、メニューを渡されて、ケーキセットを頼んでみました。
大きなテーブルに一人で座らされて、ちょっと居心地が悪い。
だから、外向いて座りました。

先に、コーヒーが来ました。
景色をもう少し大きく撮りたかったけど、ちょっと失敗。
↓これは、かぼちゃのチーズケーキ、470円。
コーヒーとセットで、810円。

ブルーベリーやラズベリーは、今がちょうどシーズンなのに、冷凍。
手作りです、とさっき店員さんがわざわざそう言ったのに、
チーズケーキの真ん中辺も、凍ってた。・・・少し興ざめ。でも、お味はまぁまぁ。
フォーク置きのもみじの枝は、毎日手作りしてるのかなぁ。みずみずしい。
雰囲気はいいが、乗せにくい。一度使って、もう一度置こうとしたら、乗らなかった。


店員さんは、あまり笑わない。疲れているのか、一人の客が面倒なのか。
こんなふうにされるから、一人で店に行くのは嫌なのだ。
誰かと行けば、その相手とおしゃべりするから、店員さんが不愛想でも救われる。



私だったら・・。
私のカフェだったら、お客さんに対して、もう少し笑えると思う。
・・・・。
一人カフェは、やっぱりちょっと、さみしいね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。