カフェを開きたいと思っている。

カフェを開くのが長年の夢。
だから看板にしてみたのだけれど。

理解を得られないこと。
環境がゆるさないこと。
資金調達が困難なこと。
いろいろあって、
夢にはたどりつかないかもしれない。

でも、夢は見続ける。

とりあえず、目の前の生活をぼちぼちがんばる。
みたいな日記。

遅ればせながらのティー

先日、次女が帰って来たときに、
おくればせながらマザーズデーのお茶セットをいただきました。
ルピシア?だそうです。柑橘系のお茶です。ちょっとすっぱいです。
だからかな?はちみつとセットになってます。・・おいしいです・・・。



「帰るから、駅まで迎えに来てー。」
「昼ごはん食べさせてー。」
「一年遅れの新婚旅行行くから、じーとばーにおこづかい貰いに来たー」
「こつぶーくろまめー。こたろーげんきー?」「こら!ちわわ。」
(チワワのピースにだけえらそうです)


「あーあ。ピーいちも可愛いときあったのに、もっと可愛がったらよかった。」
(弟のことを言ってます)
まー。そうだね。
次女が12歳の時に産まれた息子は、次女の背を追い越して168cmになり、
おっさんのような声になり・・・。可愛らしいとは言いにくくなりました。
息子の顔は、長女に近いですが、息子の性格は次女に近いと思うのです・・。
でも一緒にいる時・・中学生と幼稚園児の精神年齢は、結構近かったですよ。



「ハハ~。夕ご飯も食べさせてー。」
ローストポークしました。我ながらめっちゃおいしかった。
「駅まで送ってー。できれば桜井までー。」
最寄りの上市駅だと電車の線が遠回りなので一時間余分にかかるんです・・。
帰って来る時は両親も仕事中と分かっているので、上市まで帰ってきましたが、
夜は甘えてもいいと思ってるんですよね。



・・・さながら、台風のようでありました。
おこづかいを両親にねだらないところは、よくわかっています。
そして、わたしにだけ、ティーのお土産があるところも・・・。



旦那さんの潤ちゃん、これと毎日一緒ですか。
つかれませんか・・。
こんな奴ですが、どうぞよろしく。
頼みましたよ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。