カフェを開きたいと思っている。

これが長年の夢だがから看板にしてみたが。
55歳。そろそろいい歳だし,
実現するかどうかはもうどうでもよくなった。
とりあえず,目の前の生活をぼちぼちがんばる
みたいな日記。

イノシシのお肉って・・おいしかったんだ。

先日、あたくしの生誕の地、奈良県吉野郡天川村に、行きました。
夫さんが、突然、天川弁才天へ行きたいと言うので、
「わしもー!」ってことになって、息子と三人で向かいました。
夫さんの魂胆はわかってます。御朱印集め始めたから、行きたいだけです。
単純な人です。


天川村は、わしの実家の母親の出身地でもあるので、親戚がいっぱいあります。
従妹がお豆腐屋さんしてるし、従兄は酒屋をしているし、いろいろあります。
まぁでも、わたしにとっては、地方公務員だった父親が出張していた時代に産まれたわけで、ただ産まれたというだけの土地です。


夫さん「ほんで、ここからどっち向いていくの?」
わし 「しらん。」
夫さん「なんでや!来たことあるって言うてたのに!」
わし 「ゼロ歳児に宮参り行ったからって覚えとるヤツなんておらんだろ。」
夫さん「・・・そやな。」


わかっていただけてよかったです。


んで、バンガローのそばで帰り道でBBQの網を洗っているじいさんがいて、
夫さん「あ!天川の団長や!」と、突然車を止めて挨拶に行った。
・・それ・・わしの従兄の酒屋のお隣やし。
一応わしもあいさつに。
会う予定なかったから手ぶらだったのにこの間撃ったからあげる・・と
イノシシと鹿のお肉をいただきました。

んで、一昨日肌寒かったから、いまだ!と思って、獅子鍋しました。

実は、八丁味噌はあまり好きではなくて、家にはなかったんだけど、
わざわざ買いました。
おそらく臭みがあるだろーな・・と思って。


でも、まじ、猪肉と八丁味噌、よく合いました。
しめじとヒラタケ、きのこと、ごぼうともぴったり。
少し硬いけど、噛めば噛むほどに甘みが・・・。
脂っこいのかと思ったら、その脂がこうばしい・・。
本当においしかった・・・


猪肉食べたことないわけじゃなかったんだけど、これは当たりでした。
天川村、おそらく、人間よりも猪のほうが多いんじゃないかと言う状況だと思いますが、これだけおいしいならしっかり食べたいと思います。
(次はちゃんと買います。)