カフェを開きたいと思っている。

カフェを開くのが長年の夢。
だから看板にしてみたのだけれど。

理解を得られないこと。
環境がゆるさないこと。
資金調達が困難なこと。
いろいろあって、
夢にはたどりつかないかもしれない。

でも、夢は見続ける。

とりあえず、目の前の生活をぼちぼちがんばる。
みたいな日記。

考え込む性格

朝食の仕事は,
どっちかというと「仕事」としては,あまり効率のいいものじゃないと思う。
前日に食材を買っておいて,野菜の千切りをしたり少し下準備しておいて,
翌朝7時には吉野杉の家に行って,7時半から8時ぐらいに,ゲストさんに朝食を提供する。そして片付け終わるのは9時半頃までが,実際の仕事。
食材がどれだけ残っているか,連泊さんの時は献立をどうするかも考えて,
全部で2000円。


私にとっては,ゲストさんとのおしゃべりや,朝食をだすことは楽しい仕事だけど
誰にでもそうかというと,そうでもないのだろうなということは,分かる。
初対面の人に,自分の作った物を出すのは,
コミュニケーションが得意かどうか,お料理が得意かどうか,
いろいろハードルがあろうと思う・・・・。


マニュアル通りのことや,言われたことをするだけの,ただのパートさんやバイトさんだって,時給900円位はあるわけでしょう?(バイトを決してバカにしているわけではありませんよ)
自分は,その日泊まっているゲストの朝食を,メニューから食材の管理から時間から調理からセッティングそして一人で接客のすべてを任されてて,責任を負っていると思ってるけども・・。自分がちゃんとできているかどうかはともかくとして・・・,
1回の朝食に対する,前日から当日のこの労力に対して,2000円っていうのは,大の大人が仕事をする報酬としては,ちと低いのではないかと思う・・・。


でも,採算度外視で,人と関わることや,ごはんをすることが好きだからこそ,
約一年やって来たわけなんだけどね。


なんだろうなぁ・・なんだろうなぁ・・。
ここに来て,成果や評価や称賛が欲しいと思うようになったんだろうか。



自分のやりたいことと・・・


似て非なるものだからこそ,少しずつのストレスがたまるのかもしれない。
営業日が少なくて食材を無駄にしてしまう事や,
大人数の時も,メニューを変えたときも,大変さがぜんぜん違うのに,
誰もそれを分かってくれていないというところだろうか・・・。
いや,お客さんは喜んでくれてると思うねん。
それが励みで,楽しくて,朝起き苦手なのに,頑張って来たんだよ。


・・・・・。


やりたいんだよぅ。
自分のお店を持ちたい。
持ちたい。
持ちたい。持ちたい。持ちたい。
自分の思うように,
自分が好きなように,
自分の好きなところで,
カフェやりたいんよ・・・・。



夫さんよ・・・


わし,息子が中学になったら,もすこし自由になるかな?
夫さんのやってる自動車修理工場の借金がなくなったら?
私がやってる,請求書とか経理とか保険とかできて空いた時間あったら,
好きな事していい?


夫さんよ・・・
わしに,もう少し・・・おカネと自由をくれんかね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。