カフェを開きたいと思っている。

これが長年の夢だがから看板にしてみたが。
55歳。そろそろいい歳だし,
実現するかどうかはもうどうでもよくなった。
とりあえず,目の前の生活をぼちぼちがんばる
みたいな日記。

ラムゼイ・ハント症候群・経過5(リハビリ開始)

2017/01/01
  点滴7日目 ソルコーテフ100㎎ +メコバラミン
 よくよく予約表を見ると,点滴は今日で終わりだった。
2日と3日はお休みのようだ。
次の診察は1月4日と言ってた。
先に来ていたN君は,すやすやとよく寝ておられる。
N君ももとから元旦で終わりやーって言ってたな。
フェースブック見たよー。こやつ,大晦日にフグ食べやがってー。
いいね。押したよ。くそお。




さてと,治療が終わる頃から,リハビリしてもよいらしいので,
そろそろとマッサージをすることにした。
看護士さんが作ったのかな。「顔面麻痺の起きた方へ」という手作りの冊子を
最初の日に渡された。そして医者は「今はまだしてはいけません。」と言った。


じゃあ,いつからよ?・・・誰にも教えてもらえない孤独よ。
ネットが私のお友達。
でも,ネットの画像には絶望的なのがいっぱいあって,凹むことも多い。
麻痺の状態はほとんど変わらず。
治療を始めてから少し悪化した分の「味がわからなくなった」のは,
少し取り戻したように思う。チーズはねり消しゴムではなくなった。
でも完全には戻ってない。
これが戻ると嬉しいんだけどな。
私の味覚を取り上げるとはどういう事なんだ。
ごはん作れないじゃない。




元旦はいつも,
義両親宅へ行って,新年のお祝いをする。
おせちは,お得意さんの仕出し屋さんから取るのだけれども,
家族10人で2段重で足りるわけがないので,私がいつも作って行ってた。


子ども達は煮しめなんてあまり好きではないので「からあげ」や「エビフライ」や「ウインナー」の入る,運動会のお弁当にも似たおせちだ。


私の煮しめは,義両親が喜ぶ。高野豆腐は普通に炊くけど,最近は筑前煮にするようになった。シイタケ,タケノコ,こんにゃく,ごぼう,にんじん,れんこん。飾りにきぬさや。
きんぴらゴボウや,田作りも作る。ハリハリゴボウや,紅白なますも。
そう言えば・・・黒豆と栗きんとんは作らなくなったな。
これは,買ったのもあまり変わらないから。



今年は,病院に行って点滴を済ませて,
夫さんと息子だけに義両親宅へ行ってもらい,私はそのまま自宅で寝てた。
めまいとふらつきは相変わらずひどい。
病気の・・神経が傷んでいるせいなのか,薬の副作用なのか,
相変わらず誰にも質問できない。



なんか,医者って,気楽だね。
ほったらかしても,患者は頼りにするんだね。
まぁ・・・いいや。安静にしておこう。



実家のばあちゃんと,義両親宅から,おせちのおすそ分けが少しずつ届いた。
あまりおいしくはなかった。
そして,自分が大根とにんじんと小芋を剥いて,ことことと出汁を取って炊いたお雑煮は
たぶんおいしくできたと思う。(雰囲気で)
夫さんと,息子も,おいしい と言った。


今の私の頼りない味覚でも,出来合いのお節よりもマシなものが作れるようです。





麻痺の状態は,
最初に少しだけ,ほっぺたがぴくぴくと動くようになったことだけで,
あとは進歩なし。
ぴくぴく とはうごくが,表情は動かない。
マスクをしていると,頬に触れている部分が動くので,
動いたかな?と錯覚をする。左側につられて動いているだけなのかも。
劇的には進まないのかもしれないな。




朝食の仕事は,一か月お休みをもらった。
わたしの最後のお客さん,・・・連泊だったから,最終日はサンドイッチにしたんだ。
丁寧に作ったのにな。家族5人で南アフリカから1か月の日本旅行。
お母さんは私と1歳違い。娘さん3人。そのうちの一人がサラダ全部残してた・・。


本日の体重,73.3kg するすると減ってゆきます。 ♪


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村